なぞっておぼえる大人の漢字練習

トップ > 漢字ソフトレビュー集 > なぞっておぼえる大人の漢字練習
製品情報
なぞっておぼえる大人の漢字練習
メーカー ナウプロダクション
タイトル なぞっておぼえる大人の漢字練習
発売日 2006年12月21日
価格 3,990円 (税込)
プレイ人数 1人
セーブデータ 3つ
通信 ダウンロード ×
ワイヤレス ×
すれ違い ×
Wi-Fi ×
備考 -
最終更新日:2007年8月19日 (掲載:2007年2月27日)
ここが良い! - GOOD -
ここが悪い! - BAD -

ゲーム内容

マイトレーニング
個人データを作成して漢字の練習を積み重ねていくモード。
簡単テスト
セーブデータを作らずに気軽に漢字テストを受けられるモード。
漢字のゲーム
漢字を使った6つのミニゲーム。終了時に名前を入力する形式なのでセーブデータを作らずに挑戦可能。
出題内容 説明
マイトレーニング 読み タッチパネルに読みを入力
書き取り タッチパネルに漢字を入力
漢字のゲーム 漢字ロジック タテ・ヨコの数字をヒントにマス目を塗って漢字を完成させる(ボタン操作も可)
四字熟語並べ 意味に合う四字熟語になるようにタッチペンでスライドして並べる
日本一周 日本地図に表示された都道府県名を漢字で入力
合体漢字 漢字の部品を組み合わせて正しい漢字を入力
十字漢字 十字の真ん中の空欄に入る正しい漢字を下の候補からスライド
日本史漢字 歴史的出来事の名称を漢字で入力
このページの一番上に戻る

レビュー

快適さ抜群!

日常で使われる漢字の「読み」と「書き」に絞った漢字学習ソフトで、漢検の対策には向かない。だが、 とにかく特筆すべきなのがなんと言ってもレスポンス(テンポ)の良さである。 解答ボタンや認識ボタンなどを押す必要がなく、書いたらすぐ認識されるため快適性は抜群。 認識速度自体もとても早く、文字を入力するに当たってのストレスは皆無。

また、BGMも雨の音や鳥のさえずりなどの環境音が多く、集中力の向上に貢献している。 もちろんBGMなしも設定可能。

認識の仕方は一画書くごとに文字が絞り込まれ、一画ごとにその形に一番近い字で認識されると言うもの (ただし、書き順も判断基準の一つ)で、正解の文字で認識されると自動的に次の問題へ移行する。 ただ、一つ気になったのは、例えば自分の頭の中で候補を二つに絞って迷っている場合などに、 順番に書いて試せてしまうこと(不正解の字で認識されても何も反応が無いため)。快適さとのトレードオフのため仕方がないが、 漢字の勉強という点においては欠点でもあるのではないか。

漢字学習の決定版

このソフトは基本的には常用漢字1945字の学習がメインで、データ作成時に入力した生年月日によってスタート時のレベルが決定。 範囲はレベル1〜6がそれぞれ小学校1年〜6年に対応しており、レベル7〜9が中学〜に対応。 これらの読み・書きを繰り返し、ある程度学習が進んだら小テストで成果を確認という形式で学習を進めていくことになる。

練習していて分からない字があったらその場で筆順をなぞったり、画数、音読み訓読みなどが確認できるのもこのソフトの特徴である。 ただそれらの検索はできず、あくまで今出題されている漢字についてのみ調べる事が出来る。 従って、漢和辞典的な使い方は出来ないので注意して欲しい。

この他、「雑学チャレンジ」というモードでは、テーマ別に細かくジャンル分けされた読み書きが勉強でき、 いわゆる難読漢字(常用漢字ではないもの)の読み書きも出題されるためかなり手応えを感じた。 他に、日本中の都道府県名を漢字で書く、候補からスライドして正しい四字熟語を作る、ピクロス風パズル…などなど、 ミニゲームも多く収録されておりなかなか楽しめた。 ゲーム中、様々な場面で賞状がもらえたり、プレーヤーを褒め称えるメッセージが表示されたりと、 プレイのモチベーションを維持させる工夫もバッチリ。

細かい不満点も

間違えた漢字が苦手漢字としてストックされ、再挑戦できるのはいいのだが、 一度正解しただけで苦手漢字から除外されてしまうのは、本当にきちんと定着しているかどうか心許ない気がする。

まとめ

上の方で述べたとおり、このソフトは漢検DSやとことん漢字脳のような漢検対策ソフトではないため 類義語・対義語や、画数、誤字訂正などの問題は出題されない。従って、 漢検対策ではなく日常での漢字ど忘れをなくしたい方にとっては、このソフトはうってつけだろう。

なお、タイトルは大人の漢字練習となっているが、収録漢字は学年別に分けられているため、 子供にも十分おすすめ。制限時間などもなく、スラスラと気楽に漢字を書いてるだけで楽しめる。

評価

80 / 100 点

このページの一番上に戻る

バグ・出題ミス情報

現在、バグや出題ミスに関する情報はありません。

このページの一番上に戻る

関連記事リンク

このページの一番上に戻る